• このエントリーをはてなブックマークに追加

当社・業界に関するよくある質問|FAQ

日本SPセンターの、
SPとはどういう意味ですか?

SalesPromotion(販売促進)を
略してSP。
ずばり当社の仕事内容を冠した社名です。

SP(セールスプロモーション、販売促進)とは
「ある商品やサービスに対して
買いたいという気持を起こさせ、
購買を決意させるための策
」を指します。

商品を販売する得意先の要望を受けて
販売促進策を考え、
効果的なツールを制作するのが当社の仕事です。

井上会長の、
「発想から発送までが当社の仕事だ」
と言う言葉通り、
企画するところから、必要なツールを制作し
完成品を得意先に納めるまでを
一貫して受け持ちます。

セールスプロモーションとは
どういう仕事ですか?

セールスプロモーション(販売促進)は
顧客の需要を喚起・増進するという重要な役割を担い、
企業のマーケティング活動の中で、
要の位置を占めています。

当社は企業のブレインとして
販売促進の戦略・戦術を立案。

企業の代行者としてその実務に取り組んでいます。

たとえば、ある新製品の発売にあたり、
販売店や消費者への取材をします。

その事実をもとに、その商品の何をどう伝えれば
消費者の要望に訴えることができるのか、
その伝え方はどこでどんなツールをどう使ってするのか、
などを含めてキャンペーン企画を立てます。

そしてそのためのツール(カタログやDMなど)を
実際に制作する・・・といった具合です。

以上はあくまで一例。
具体的な仕事の内容については
事業領域や、「企画制作事例」のページをご覧ください。

代理店やデザインスタジオと、
どこが違いますか?

代理店は、新聞・雑誌・TV・ラジオ各社から、
スペースや時間を買い、広告主である企業に売ることで
経営を成り立たせています。
媒体企業と広告主から支払われる手数料が
最大の収入となります。
そのため両者間の連絡、打合せ(=営業)に、
大半の社員がかかりきりになっているのです。

制作者を志望して代理店に入社しても、
多くは営業部門に配属されるでしょう。
代理店に制作部門があっても、
制作の多くを外部に任せるのが通常となっています。

当社でも、代理店から制作を依頼されることが
時々あります。
しかし仕事の大半は、得意先から直接依頼されるものです。

またデザインスタジオは、デザイナー中心の制作会社です。
デザイナーが営業窓口を兼ねることが多く、
デザインを中心に仕事が進められます。
多くの場合は、販売戦略まで企画することはありません。
制作物の枠内での表現に注力します。

社内のコピーライターは、デザイナーからの指示で
コピーを書くことになります。

それぞれの役割、強みが異なるわけですが、
あなたがプランナー、コピーライターという企画制作者、
もしくは企画力にすぐれたアートディレクターをめざすなら、
やはり当社のような制作専門会社に入社されるのが、
得策
と言えます。

営業セクションは
あるのですか?

当社には専任の営業担当者はいません。
プランナー兼コピーライターである社員一人一人が、
得意先である企業との打合せを通じて仕事を作っていく、
営業に等しい役割も兼ねています。

これは、ただ得意先を回って
行き当たりばったりに受注する御用聞き営業や、
飛び込み営業とは違います。

得意先の商品や流通・市場に精通している
プランナーやコピーライターだから、
得意先の悩みや課題を共有し、
その解決策を具体的な仕事として依頼されるのです。

また、時には得意先の先回りをして問題を指摘し、
解決の提案をすることもできます。
これを社内では提案営業と呼んでいます。

こうした、企画制作者が得意先と直接話をし
具体的な仕事に結実させるシステムは、
日本の業界では珍しいスタイルです。
(アメリカの広告代理店では、
AEと呼ばれる花形の職能です)

得意先からは営業というセクションを通さないので、
「話が早く、ミスコミュニケーションのストレスもない。
的を射た提案が返ってくる」と好評をいただいています。

また、プランナー、コピーライターにとっても、
自分たちのアイデアを自分で提案し、
得意先の反応を目の当たりにできることが、
大きなやりがいになっています。

販促、広告業界の
将来性は?

より豊かで快適な生活を求める人々のニーズに答えて
企業が生み出す新しい商品やサービス。
それを告知するための
さまざまなメディアが普及しつづける今こそ、
企業と消費者の効率よいコミュニケーションを助ける、
広告・販売促進の重要性は高まっていく
と言えます。

インターネットの普及で
ワン・トゥー・ワンマーケティングなどへの取り組みも
現実になってきました。

コピーライター、プランナーにとっても、
新しいマーケティングコミュニケーションに、
ぞんぶんに腕を発揮できる土壌が育っています。

Webへの取り組みについて
教えてください。

急速なインターネットの普及に伴い、広告・販促の中でも
Webサイトが大きな役割を占めるようになりました。
すでに仕事のほとんどが
Webサイト及びその関連という部署もあります。

ただ、当社が目指すのは、
サイトを作るだけのWebプロダクションではありません。

Webを施策の大きな核として、
売りの現場である店頭のイベントや
印刷ツールとうまく結びつけて相乗効果を狙う
クロスメディア戦略の担い手です。

広告先進国アメリカの最新事例などを研究、
次のような仕事に取り組んでいます。

  • インターネットを核とした
    双方向マーケティングの企画・制作
  • パブリシティ、マスコミ宣伝などと連動した
    Webプロモーションの企画・実施
  • 商品やサービスの価値情報をわかりやすく伝える
    「動画」コンテンツの企画・制作
  • タブレット端末を使った
    販促支援アプリの企画・開発
  • フラッシュを使った当社独自の表現技術である
    ”ストーリーサイト”の企画・制作
  • 日本初の『縦書き』ブログサービスの
    企画・構築・販売。

ページトップへ戻る