• このエントリーをはてなブックマークに追加

学習と交流

学習と交流の仕組みが充実しています

私たちの仕事は、専門性の高いスキルが数多く必要とされます。
社員は学習意欲が高く、次々と新しいことにチャレンジをしています。
各部門での勉強会のほか、全社的に学習と交流を
進める専門部署もあり、計画的にプログラムを実施しています。

1. 社内誌「On」

毎月4本程度の原稿を社員持ちまわりで執筆し、仕事で得た
ノウハウなどを共有しています。20年以上発行し続け、240号を越しています。
技術論だけでなく、コピーライター業の深みが会長から伝えられることもあります。

(記事一例)

ページトップへ戻る

2. 導入研修

70講義もの基礎研修を、社員が講師となり実施しています。
コピー、アート、Web、SNS、情報収集、取材術のほか、
リーダビリティやWhat to Say/How to Sayなど
当社がこだわる考え方や技術も盛り込まれています。

ページトップへ戻る

3. SP小賞 (交流展示会)

とくに優れた仕事を「SP小賞」として年間で10ほど選び、
ノウハウ共有のための交流展示会を行います。
「大賞」と呼ばないのは、目指すべき高みを意識するためですが、いい仕事は「SaltとPepperが小々きくから」という説も。

ページトップへ戻る

4. コンテンツ・マーケティング勉強会

アメリカで研究の進む新しいマーケティング手法を、トレーニングを積みながら学習します。海外セミナーに参加した社員から、最新の情報も得られます。
コンテンツ・マーケティングについて、詳しくはこちら

ページトップへ戻る

5. Web勉強会

FacebookなどのSNSほか、サイトの情報アーキテクチャなど
最新のWebノウハウを学習する会です。
Web研究部署が主催し、外部講師を招くなどして専門性を高めています。

ページトップへ戻る

6. テーマ勉強会

各部署からのニーズを受け、専門部署が都度企画して実施します。
動画制作、アートディレクション、タブレット端末の販促利用、などが過去テーマにあがりました。

ページトップへ戻る

7. 技術クリニック

実際に制作したツールの改善点を、ベテラン社員が愛を込めながら
厳しく指摘します。実際の制作事情はさて置き、
目指すべき情報ツールの理想像を、具体的なノウハウとともに学びます。
リアルな場で実施するほか、社内誌に掲載する形式もあります。

ページトップへ戻る

8. 社内コンペ

若手社員を対象とした、賞金つきの企画コンペを毎年行っています。
過去には「タブレット端末の高齢者向け販促プラン」や
「高級ベッドの新聞広告コピー」などが出題されました。
アイデアはもちろん、当社らしく、リサーチ精度や企画の論理性が
問われます。

ページトップへ戻る

9. TOP懇親ランチ (開発技術フォーラム)

会長、社長、役員とお昼を取りながら仕事のアドバイスをもらったり、海外事例を中心に最新の販促情報を教わります。
毎週開催され、キャリア1年以上の6~7名の社員が交替で招かれます。

ページトップへ戻る

10. 外部セミナー受講支援

宣伝会議セミナーほか、外部にもよい学習機会はあります。
テーマによって、参加費の半額~全額を会社が負担します。
参加費の高額なセミナーも受講しやすくなります。

ページトップへ戻る

11. 図書購入支援、推薦図書

上司の承認を得ると書籍購入を会社負担でできます。
また、マーケティングやクリエイティブ、マネジメントの良書を
「推薦図書コーナー」にアーカイブしています。
学習支援部署に、個人のニーズに応じた書籍の相談もできます。

ページトップへ戻る

12. 新聞・雑誌・Webサイトの記事紹介

会長が毎日、膨大な新聞、雑誌、Webサイトから良質な情報を日々収集。
現場チームの担当商材や、スキル課題に応じて個別に届けられます。
市場情報やトレンド、販促のヒント、マネジメント知識、海外最新情報などが得られます。
支援部署でも情報を収集し、発信と同時にデジタルアーカイブ化しています。

ページトップへ戻る

13. おすすめ番組情報

担当者が毎週、仕事のヒントになる番組情報をメールで配信します。
WBS、ガイアの夜明け、めざせ!会社の星、NHKドキュメンタリーなど
その週の放送内容が紹介されます。

ページトップへ戻る

14. 井戸端ランチ

ランチを取りながら、仕事ノウハウや雑感を語り合う場です。
キャリアが同じくらいの社員が集まるので、
息抜きになったり、白熱した本音トークが展開されることもあります。

ページトップへ戻る

15. ビジネスキャンプ

親睦と勉強をかねて、各部門ごとに宿泊込みで行うイベントです。
一例では、ワークショップを行った後に一流ホテルでパーティ、
翌日は「芸人に営業の間を学ぶ」ため、吉本新喜劇を観るなどの
プランが実施されました。

ページトップへ戻る

16. 懇親会補助

現場の懇親を深めるため、年に8回の「飲み会」補助金が用意されています。
社員のプライベートに配慮しながら、
補助金の回数以上にノミニケーションをはかるチームもあります。

ページトップへ戻る

17. 創立記念式典、経営方針発表会

東京と大阪の社員が年2回、一同に介して行われます。
広告哲学の原点を振り返るとともに、
ビジネス環境の変化にあわせて練り直された経営方針を共有します。
午後に全社員参加のワークショップが行われることもあります。

40周年の節目には、全社員で横浜~神戸間のクルーズ旅行をしました。
会社は、いわばひとつの船。
そういった想いから、社内公募で選ばれたイベントです。
私たちの仕事はチームワークが不可欠なので、社員同士の絆を大切にしています。

学習と交流の仕組みについては、現在の取り組みの様子を、
随時Faebookにアップします。ぜひあわせてご覧ください。

ページトップへ戻る