• このエントリーをはてなブックマークに追加

先輩の声

入社予定者から当社にいただいたメッセージ

選考過程のそれぞれが「会社体験」。
他社にない姿勢を感じました

プランナー・コピーライター
農学部 生物資源環境学科 2014年卒・入社予定

注)「なぜ当社を選ばれたか」をテーマに社内誌掲載用の原稿を
書いていただきました。そこからの抜粋です。

3回生の秋頃まで、大学院への進学を
志望していた私が貴社に内定をいただくまでの
心境の変遷を話し始めると、とても長くなります。

大学生活中に経験したたくさんのことと、
それを通して考えたことが「働きたい」という気持ち、
ひいては、「この会社で働きたい」という
着地点に導いてくれました。

数ある企業の中から貴社を選んだ理由を
とても簡単にまとめるならば、
自分の長所と貴社で求められること、
自分のやりたいことと貴社でできること、
そして、自分が大切だと思うことと
貴社が大切にしていることが一致していると思ったから、
というなんの変哲もない理由です。

しかし、私がこの着地点へと辿り着いた鍵は、
貴社の採用活動にあったと思います。
あまり意識はしていませんでしたが、
企業がどんな選考方法をとっているかというのは、
私にとってその企業がどんな企業なのかを
知る大切なヒントでした。
効率的とは言えない儀式化した採用活動が
知らず知らずのうちに入社願望を
削いでいた企業もあったと思います。

しかし、貴社の採用活動は他社のものとは
大きく違いました。
たとえば、貴社と学生双方にとって
“間違いのない選択ができ、かつ効率的”な
試験の内容と順序。

特に、最初に書類ではなく
課題を審査していただけるのは、
現在の専攻がこの職種に直結しない私にとって、
大きなチャンスでした。

また、オンライン会社説明会やSkype面談等、
従来の方法とは異なっていても
“正しいと思うことを当然のようにやる”という
シンプルな姿勢がとても好きだと思いました。

そして、“就職活動にかかる労力をなるべく小さく”
という細やかな御配慮にはいつも心が温かくなりました。
数え切れない程のこだわりに背中を押され、
疲れることなく気持ちは大きくなり、
どんどん貴社に惚れ込んでいきました。

振り返れば、貴社の採用はリクルートサイトから
最終面談に至るまでのすべてが、
貴社の謳っている哲学や主義をそっくり
そのまま体現していたように思います。

私はまるで一人の消費者みたいに、
「日本SPセンター」という商品の虜になっていきました。
この、消費者体験とも言うべき就職活動を
通して貴社の仕事の“やり方”が
いかに有効的か身をもって実感しましたし、
そこに何の矛盾もないことにとても安心しました。

改めて、貴社から内定をいただけたことを
本当に嬉しく感じています。
来春、貴社の社員の一員として皆様に
お会いできることがとても楽しみです。
その時は、どうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る